衣食住医 ↑TOP
文・金子夏枝
1985年春。友人から頂戴した味噌、醤油、塩という調味料セットをきっかけに
食養〜正食〜マクロビオティックが生活の礎に。
以来、20年余。それなりの時間を経て体得したことがあるとすれば、
それは「ひとは食べたとおりの身体になる」という境地なのでありました。
17.01.23(月)
今日のあちき。


世界を動かしている大元はいったいなんだろう。


多くの人にとって大切なのはお金だし、この私にとっても大切であることは言うまでもないことではあるけれど、でもちょっと待ってね。


もしも家賃を必要としない家があり、ガス代も電気代も電話代も水道代もかからず、お金を生み出す仕事をしていないとしたならば、税金や保険料はごくわずかしか課税されないにちがいない。


それこそ生活保護の対象になるかもしれない。


生命を養う食材は周辺の田畑で作るか海山川で採集生活をして縄文人のように暮らす。


ヒーリングヴィレッジというかシェアヴィレッジというか、最終的には全てが共有に向かう暮らし方。


そこにはいったいどんな人が集うのだろう。


周波数やエネルギーフィールドが同心円上にある人たちが一緒になって暮らす場所。


そろそろ本気で脳裏に描きだそう。


先ずはイメージからね。


イメージこそが私にとっては生きる大元なのだから。



BACK NUMBER
2016年の衣食住医
17.01.01 (日)リアルな日常を生き抜く。
17.01.02 (月)人が人を応援するって。
17.01.03 (火)酵素っていったい何!?
17.01.04 (水)憐れみ、施し、shareという門(ゲート)。
17.01.05 (木)子供の頃のことを思い出してみたら。
17.01.06 (金)顔のこと身体のこと。
17.01.07 (土)あわうたの威力。
17.01.08 (日)それはまるで運命のように。
17.01.09 (月)物の見方あれこれ。
17.01.10 (火)病気治しのために天真水(あまみ)ウォーターを。
17.01.11 (水)現実とヴィジョンの間(はざま)で。
17.01.12 (木)神様のような人なのだから。
17.01.13 (金)言霊
17.01.14 (土)同じ光景が。
17.01.15 (日)想いを言語化する意味について。
17.01.16 (月)自由領域。
17.01.17 (火)だからきっと大丈夫。
17.01.18 (水)神津島。
17.01.19 (木)私が望んでいるものは。
17.01.20 (金)沈思黙考。
17.01.21 (土)関心。
17.01.22 (日)不思議な日。
17.01.23 (月)今日のあちき。